2015年08月06日

新色を追加しました!  〜 綿オーガンジー重ねワンピース・すずらん 〜

6月からリリースしている 【stand】の15S/Sアイテムの中で
ご好評いただいている「綿オーガンジー重ねワンピース」に
新色「すずらん」を追加しました!

NEW_すずらん01
<手前より すずらん・紫陽花・紅花 -日差しが強くてちょっと白っぽくなってしまいました->

「紅花」染めの赤はちょっと派手かしら?という方にお勧めしたい
少し落ち着いた感じの黄色ベージュに 染め上がりました。

NEW_すずらん02
<Wガーゼゆったりワンピースと比較>

Wガーゼゆったりワンピースと近い感じの色なのですが、
綿オーガンジー重ねワンピースは、違う素材が2枚重なっているため、それぞれに染め上がりの色が微妙に違っていて
それが重なっている分、深みのある色になっています。

lily_o_valley_tips
<染め材料のすずらん
・写真でもなかなか再現しづらい色なので、試しに近い色を右に塗ってみました
( モニタによる色ブレがありますので、正確にはなかなか難しいですね...)

落ち着いた色合い、上品な透け感とゆったりしたシルエットは
今のような暑い時期のお呼ばれやフォーマルにも最適かと思います。

ぜひ、HPをチェックしてみて下さいね!

posted by stand at 14:11| Comment(0) | 企画

2015年06月25日

随分長く、答えを放置していました...

3月27日に、SSの商品のこと書いておりました...

BOtanicaldye_hydrangea

これらのアイテムも無事、リリースになりましたが、そんな中、

「あ、忙しさにかまけて、染め材の答えを放置しておった…」と、気づいた次第です。

もう、モノマチの時の書き込みで、わかっちゃってるよね。。。と思いつつも、書いております。
はい。正解はこちら、紫陽花です。

hydrangea_up

今、本当にあちらこちらで咲いていますね。雨の時ほど、きれいに感じたりします。
先日、テレビで天気予報士さんが紫陽花のうんちく話をしていて、「へぇぇぇー」と思ったこと。

「紫陽花の花はどこの部分でしょう?」

「。。。。へ?」 (と、何を唐突に言っているんだ?とテレビ前で思った私)
実は紫陽花の本当の花は、オレンジの矢印の部分。(真花:しんか と言うそうです)

hydrangea_up_exp

普段、花と思っているところは、ガクだそうで。
紫陽花の開花はこの「真花」が開いたかどうかで判断するらしいです。

なので緑の矢印の花は咲いていないっていうことですね。
(へぇーーーーって思ってくれた人がいることを、期待。)

私は、ガクアジサイが見ていて好きです。 (こんなやつです↓)

hydrangea_ガクアジサイ

この種類になるのが、以前書いた「墨田の花火」という品種。
ガクアジサイの中心部分のちっちゃい花の集まりがかわいいと思いませんか?
これが、紫陽花の花の集まりっていうことらしいです。 うーん、アップはかわいいですな。

hydrangea_wh

これは、犬散歩途中で咲いている、真っ白な紫陽花。とてもきれいに雨に映えます。
隣に色変化している品種があるのに、色が変わりません。
「何にも染まらないわっ」...そんな意志表示の表れ?(笑)

白もいいですが、色がつく前の、薄黄緑色の紫陽花も、いいですね!
この色味が一番好きかもしれません。

hydrangea_gn

そんな紫陽花で染めたお洋服がSS商品として、お目見え。
同時に、紅花・スズランで染めた同じ型も展開していたりします。

また、お手軽に体験していただけるように、今回はミニストールも作りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

きれいな発色なのに、派手すぎない。なんだかしっくりくる色味が、ボタニカルダイのいいところ。
ぜひ、サイトをチェックしてみて下さいね!

ブランドWEBサイト・standstore http://standstore.jp/
(スタイルストアマーケットでも 販売中 http://stylestore.jp/blog/user/T01630/products/

長々と読んで下さり、感謝!

posted by stand at 14:55| Comment(0) | 企画

2015年02月06日

綿シルクのシャツワンピース【BotanicalDye】

こんにちわ

【st'ænd】スタッフです

今回はBotanicalDyeで染めた、綿シルクのシャツワンピースのことをお話ししようと思います

薄く透け感のある綿シルクの生地をたっぷりと使ったシャツワンピースです

この生地はタテ糸に綿100%の糸、ヨコ糸にシルク100%の糸で織っていて

綿糸とシルクの糸では、糸の染まり具合が違います

白は白椿、ピンクはイタドリ、墨黒はログウッドで染めているのですが

特にピンクでタテヨコの糸の染まり具合の差が大きく出て、まるでシャンブレー生地のように仕上がっています

この画像でおわかりいただけますでしょうか?

白と墨黒はタテヨコの糸の差がほとんど出ず、マットな仕上がりになっています

同じ素材で染めても、染める材料によって違いが出るのがBotanicalDyeの素敵なところです

色を決めるための試し染めで上がってきた時にも、スタッフみんなで3色それぞれの違いに

びっくりしました

また、ヨコ糸に100%シルク糸を使っているので、光沢がすばらしく、エレガントにもカジュアルにも

着ていただける商品になっています

 

ワンピース一枚で過ごせる季節が恋しい毎日です

 

 

 

 

posted by stand at 19:38| Comment(0) | 企画