2015年02月06日

綿シルクのシャツワンピース【BotanicalDye】

こんにちわ

【st'ænd】スタッフです

今回はBotanicalDyeで染めた、綿シルクのシャツワンピースのことをお話ししようと思います

薄く透け感のある綿シルクの生地をたっぷりと使ったシャツワンピースです

この生地はタテ糸に綿100%の糸、ヨコ糸にシルク100%の糸で織っていて

綿糸とシルクの糸では、糸の染まり具合が違います

白は白椿、ピンクはイタドリ、墨黒はログウッドで染めているのですが

特にピンクでタテヨコの糸の染まり具合の差が大きく出て、まるでシャンブレー生地のように仕上がっています

この画像でおわかりいただけますでしょうか?

白と墨黒はタテヨコの糸の差がほとんど出ず、マットな仕上がりになっています

同じ素材で染めても、染める材料によって違いが出るのがBotanicalDyeの素敵なところです

色を決めるための試し染めで上がってきた時にも、スタッフみんなで3色それぞれの違いに

びっくりしました

また、ヨコ糸に100%シルク糸を使っているので、光沢がすばらしく、エレガントにもカジュアルにも

着ていただける商品になっています

 

ワンピース一枚で過ごせる季節が恋しい毎日です

 

 

 

 

posted by stand at 19:38| Comment(0) | 企画

2015年02月05日

はじめまして【st'ænd】です

standブログご閲覧ありがとうございます

2014年10月に誕生致しました【st'ænd】というブランドです

まず、このブランド名なのですがスタンドと読みます

英語で「立つ、立ち上がる」等の意味のstandの発音記号をブランド名にしています

これはもともとSly & The Family Stoneという60年代後半から70年代に活躍したロックファンクバンドの

「Stand!」という曲からとりました

「Stand!」は

「自分の信じるものは全て本物なんだ、実現できるかは自分次第

そして自分を信じていれば、君は自由になれるんだ」

ということを歌っているのですが、

私たちのブランド【st'ænd】もまさに同じことを考えていて、

“【st'ænd】の服を着ている方々の立ち上がる力になれるような服を”と

生地を選び、染める方法を考え、服の型をデザインし、仕上げをどんな風合いにするか

考え、自分たちがまずワクワクするか、様々な行程に関わって下さる方々ともワクワクを共有できているか

そんな服つくりをしています

そんな【st'ænd】のワクワクを今後もご期待下さい

posted by stand at 13:49| Comment(0) | スタッフのひとこと